国保中央会介護伝送ソフトの料金の違い|導入費は10万円を超える

女の人
このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトごとの利点の違い

スーツのレディ

介護請求ソフトは、それぞれの施設にあった機能が備わっているものを選ぶ必要があります。ソフトによって居宅介護支援サービスにあったものや地域包括支援サービス、地域密着型サービスにあったものなど、施設ごとに備わっている機能が分けられて販売されています。また、提供会社ごとに料金にも違いがでてくるので安い会社を選ぶのであればまとめサイトで比較してみるとよいでしょう。ネットで介護請求ソフトについて調べてみると、各社のソフトを1ページでまとめた便利なソフトがあります。またそのページでは、介護請求ソフトの資料や体験版を一括で請求することができるようになっているため、実際に操作を行なって使用感を比較することができます。介護ソフトの種類によって導入費がかかったり、ソフトのアップデートに費用が発生したりすることもあります。また、セキュリティ面の管理が自社か提供会社かといったところもソフトによって異なります。
毎月、国保連とのやり取りで仕様する介護請求ソフトは、その種類によっては通常のインターネット回線ではなくISDN回線を使って伝送のやり取りを行なうものもあります。そのように伝送の仕方に違いがあったり、また問い合わせのサポートで料金が発生してきたりすることもあるので各社のソフトを導入するメリット・デメリットを把握したうえで購入するようにしましょう。また、会社の規模によってパッケージ型とASP型を使い分ける必要もあるので、事業所で必要な機能を最低限に抑えることで費用を安く済ませる事が可能となります。