国保中央会介護伝送ソフトの料金の違い|導入費は10万円を超える

介護
このエントリーをはてなブックマークに追加

伝送ソフトでできる事

介護

国保中央会介護伝送ソフトは、利用するソフトによって必要な費用に大きな差が発生します。パッケージ型であれば初期で利用できる機能の数が多い分その料金が高く、ソフトの導入費は10万円を超えることもあります。それに比べASP型は、インターネットを通じてデータのやり取りを行なうものであるため利用料金は月額制となっており、約2000円から6000円ほどでは利用することが可能です。料金がやすいとはいえ、使い勝手が悪いということはなく、各事業所ごとにあった必要最低限のみの機能で提供を行なっているため、余分な機能がない分安く且つ利用しやすいというのがASP型のメリットです。
国保中央会介護伝送ソフトの提供会社によっては、タイミングによってはキャンペーンを行なっている事もあります。内容としては、試用期間が6ヶ月間と長い期間無料で利用することができたり、別の事業所へ紹介をするとキャッシュバックがもらえたりするキャンペーンを行なっていることもあります。

国保中央会介護伝送ソフトでは、請求機能の他にも入所者の1人1人の状態をデータとして保管しておくことができ、介護士のスケジュール管理を行なうことができるため、人的ミスも少なくなります。利用するソフトによって、動作環境が異なるため、お使いのパソコンのスペックが問題がないかどうかを事前に確認しておきましょう。ソフトを探す場合はネットを利用することで各社のウェブサイトで詳細を見ることができるので、そういったページを活用してきめるとよいでしょう。

老人ホームの選び方

シニア男性

老人ホームには民間企業が営業する施設と公的機関が営業するものが存在します。しかし、公的機関が営業する老人ホームには待機者が多くなかなか入所ができません。その場合は、民間企業が運営している有料老人ホームを選ぶとよいでしょう。

詳細へ

ソフトごとの利点の違い

スーツのレディ

介護請求ソフトにはいくつもの種類がありますが、どれを選んでよいか迷っているところも少なくないでしょう。選び方で迷った場合は、まとめサイトなどを利用してみるとよいでしょう。

詳細へ

高齢者用の住宅設備

笑顔のシニア

老人ホームには有料老人ホームや特別養護老人ホームなど施設ごとに提供しているサービス内容や費用に差があります。サービス付き高齢者住宅であれば、その他の老人ホームと違って個人で利用できるためストレスになることは少ないでしょう。

詳細へ

関連リンク

  • 介護システムなび

    国保中央会介護伝送ソフトの活用方法はここにあります。色んな作業をサポートしてくれるため、多くの施設から便利であると声が寄せられています。